BABOLAT PRESS RELEASE

2016.11 ~斬新なホワイトカラーのコントロール系ラケットにパワーをプラス~ バボラ「ピュア ストライク」シリーズ6機種を新発売

ダンロップスポーツ(株)は、日本での販売総代理店契約を結んでいる(ウエアを除く)バボラVS社のコントロール系テニスラケット「ピュア ストライク」シリーズ6機種を、2016年12月5日から順次新発売します。メーカー希望小売価格は、「ピュア ストライク VS ツアー」と「ピュア ストライク VS」が37,000円+税、「ピュア ストライク 16/19」と「ピュア ストライク 18/20」が36,000円+税、「ピュア ストライク 100」と「ピュア ストライク チーム」が本体価格35,000円+税です。

「ピュア ストライク」シリーズは、相手のボールスピードを利用し、ライジングで素早く打ち返すプレーヤーにおすすめのラケットで2014年に誕生しました。新しくなった2016年モデルは、現代の攻撃的なスピードテニスに対応するべく新機能を追加し、コントロールラケットにさらなるパワーと安定性をもたらしました。また、以前より定評のある「ピュア コントロール」シリーズを「ピュア ストライク VS ツアー」「ピュア ストライク VS」として「ピュア ストライク」シリーズに統合し、適合プレーヤーを拡大します。
現在もっとも若い男子トップ10プレーヤーのドミニク・ティエム選手(オーストリア)が「ピュア ストライク」シリーズで、今季ツアー4勝を挙げています※1

※1: 2016年10月24日現在のATPランキングで9位

「ピュア ストライク」シリーズ 「ピュア ストライク」シリーズの特長 「ピュア ストライク」シリーズの仕様
以上

2016.11 ~女性ファン必見! 軽量アエロラケットのピンクバージョンが登場~ バボラ「ピュア アエロ ライト ピンク」を数量限定で新発売

ダンロップスポーツ(株)は、日本での販売総代理店契約(ウエア除く)をしているバボラVS社の人気商品「ピュア アエロ ライト」の女性向けカラーとして「ピュア アエロ ライト ピンク」を12月中旬より数量限定で新発売します。メーカー希望小売価格は、34,000円+税です。

バボラ「ピュア アエロ ライト ピンク」の仕様
以上

2016.10 ~サポート性と安定性を一層強化したアスリートモデル~ バボラ「プロパルス フューリー」シリーズを新発売

ダンロップスポーツ(株)は、日本での販売総代理店契約(ウエアを除く)をしているバボラVS社のサポート性と安定性を一層強化したアスリート向けテニスシューズ「プロパルス フューリー」(バボラ「プロパルス」シリーズの6代目)シリーズを11月30日より新発売します。メーカー希望小売価格は、14,900円+税です。

バボラテニスシューズ「プロパルス フューリー」シリーズの特長 バボラテニスシューズ「プロパルス フューリー」シリーズの特長2 ■バボラ「プロパルス フューリー」シリーズの概要
以上

2016.10 ~日本人としては6年ぶりの快挙~ 綿貫陽介選手が「大阪市長杯世界スーパージュニアテニス」シングルス優勝!

ダンロップスポーツ(株)の販売子会社である(株)ダンロップスポーツマーケティングとバボラテニス用品使用契約をしている綿貫陽介選手(グローバルプロテニスアカデミー)が、グランドスラムに次ぐグレードのジュニアの国際大会「大阪市長杯世界スーパージュニアテニス」(大阪市)のシングルスで優勝しました。昨年は、本大会ダブルスで優勝しましたが、念願のシングルスでのタイトルを手にしました。日本人としては6年ぶりの快挙です。

綿貫陽介選手は、今年1月にプロ転向。プロ転向後は、ジュニア及び一般の大会の両方に出場し、数々の成績を収めています。今年、「全豪オープンジュニア」(開催地: オーストラリア、大会グレード: グランドスラム)でベスト8、「ポルト・アレグレ国際」(開催地: ブラジル、大会グレード: グレードA)で優勝し、3月にはITFジュニア世界ランキング自己最高2位をマーク。今年最後のグランドスラム「全米オープンジュニア」(開催地: アメリカ、大会グレード: グランドスラム)でもシングルスでベスト4入りを果たしています。一般の大会では、「筑波大学MEIKEIオープンテニストーナメント」(開催地: 茨城県、大会グレード: ITF1万ドル)、「かしわ国際オープンテニストーナメント」(開催地: 千葉県、大会グレード: ITF1万ドル)で2週連続優勝を果たし、ATPランキングが1,760位から一気に700位までジャンプアップし話題となりました。

18歳の綿貫陽介選手の今後の活躍にご期待ください。

貫陽介選手のプロフィール
以上

2016.9 ~ダブルスに磨きをかけ、ついにWTA初タイトル獲得~ 二宮真琴選手がWTAツアーダブルス初優勝!

9月12日から18日まで有明コロシアム及び有明テニスの森公園テニスコート(東京都江東区)で行われていた「橋本総業 ジャパンウィメンズオープン」(WTAインターナショナル)で、ダンロップスポーツ(株)の販売子会社である、(株)ダンロップスポーツマーケティングとバボラ用品使用契約をしている二宮真琴選手(橋本総業ホールディングス)が青山修子選手(近藤乳業)と組んだダブルスで優勝、WTAツアー初タイトルを獲得しました。

二宮選手は、昨年末から本格的に青山選手とペアを組み始めました。先月行われた「江西国際女子オープン」(中国/WTAインターナショナル)で初めて青山・二宮組でWTAツアーダブルス決勝に進出。そのときはわずか1ポイント差で敗れ準優勝となり、悔しい思いをしていました。
そして今大会2度目の決勝進出。決勝戦ではジョスリン・レイ/アンナ・スミス(ともにイギリス)を6-3 6-3で破りペア結成1年で、念願のWTAツアー優勝を飾りました。
二宮選手は今年ITFサーキット(ツアー下部大会)のダブルスですでに4勝を挙げています。今後グランドスラムでの活躍も期待されます。

二宮真琴選手のプロフィール
以上

2016.9 ~コントロール系スピンラケットが待望の復活~ バボラテニスラケット「ピュア アエロ VS」シリーズ2機種を新発売

ダンロップスポーツ(株)は、多くのトッププレーヤーからの信頼が厚いバボラVS社のコントロール系スピンラケット「アエロプロ コントロール」や「アエロ ストーム」シリーズの後継機種である「ピュア アエロ VS」シリーズ2機種を、10月20日から新発売します。メーカー希望小売価格は、38,000円+税です。

「ピュア アエロ VS」シリーズは、スピン系ラケットにも関わらずフェースのみボックス形状を採用し、コントロール性を重視しています。それ以外の部分はスピン系ショットのスイングを加速する「アエロモジュラーフレーム」を採用。ボールコントロールとスピン性能を両立させました。また、今回バボラ社のコアテクノロジーでもある「コアテックスシステム」をフレーム内に埋め込み、空気抵抗を減少させたことで、振りぬきやすさがアップしています。選手から人気の高かった「アエロ ストーム」からは大きな変更はせず、従来の良さを継承しています。

「ピュア アエロ VS」シリーズは、2004年に発売した「アエロプロ コントロール」、2007年、2010年に発売した「アエロ ストーム」の後継機種で、2010年以降は後継機種を発売せず、選手のみに提供してきました。多くの選手からの要望もあり、このたび待望の復活となりました。現在、アメリカ人ランキングの中で2位に位置付けるジャック・ソック選手(ATPランキング25位/2016年8月15日現在)が使用し、ツアーで活躍しています。ソック選手は、2010年に発売した「アエロ ストーム」を使用し17歳で「USオープン ジュニア」のタイトルを獲得。翌年にはジュニアながら、一般のミックスダブルスで「USオープン」優勝という偉業を達成しました。現在「ピュア アエロ VS」シリーズは、男子トップ100位以内の選手5名が使用しており(ソック選手を含む)、選手の中でも人気が高いラケットです。

以上

2016.7 ~アメリカ期待のジャック・ソック選手モデル~ バボラテニスラケット「ピュア アエロ US」シリーズ2機種を数量限定で新発売

ダンロップスポーツ(株)は、バボラVS社のテニスラケット、「ピュア アエロ VS」(2016年10月発売予定)の発売に先駆けて、アメリカ国旗をモチーフにし、たくさんの星柄を散りばめたデザインが印象的な「ピュア アエロ VS US」を“ジャック・ソック選手使用モデル”として数量限定で8月3日より新発売します。また、昨年8月に発売した「ピュア アエロ」の数量限定モデル「ピュア アエロ US」も同時に発売します。メーカー希望小売価格はいずれも各38,000円+税です。

「ピュア アエロ VS US」は、2004年発売の「アエロプロ コントロール」、2007年、2010年発売の「アエロ ストーム」※1の後継機種です。2010年以降は後継機種を発売せず、選手のみに提供してきました。特に「アエロ ストーム」は選手から人気があり今でも愛用している選手が多く、このたび待望の復活となりました。
「ピュア アエロ VS US」は、スピン系ラケットにも関わらずフェース部のみボックス形状を採用しコントロール性を重視しています。フェース部以外の部分は、「アエロ ストーム」と同じフレーム形状「アエロモジュラーフレーム」を採用し、スピン性能とボールコントロールを両立させました。また、バボラ社のコアテクノロジーでもある「コアテックスシステム」をグリップ内に埋め込んだことにより(「コアテックス・インサイド」)、空気抵抗を減少させ振りぬきやすさがアップしました。「アエロ ストーム」からは大きな変更はせず、従来の良さを継承しています。

現在、アメリカ人ランキングの中で2位に位置付けるジャック・ソック選手(ATPランキング26位/2016年6月27日現在)が「ピュア アエロ VS US」を使用し、ツアーで活躍しています。ソック選手は、2010年に発売した「アエロ ストーム」を使用し17歳で「USオープン ジュニア」のタイトルを獲得。翌年にはジュニアながら、一般のミックスダブルスで「USオープン」優勝という偉業を達成しました。現在「ピュア アエロ VS」シリーズは、男子トップ100位以内の選手5名が使用(ソック選手を含む)しています※2。

「ピュア アエロ US」は、昨年8月に発売した「ピュア アエロ」※3の数量限定モデルです。空気抵抗を徹底的に抑えたフレーム形状を採用し、スピン性能を最大限に引き出します。

以上

2016.7 〜競技者には「スピード性」と「サポート性」を提供〜 バボラテニスシューズ「JETジェット」、「プロパルス」の新色を数量限定で新発売

ダンロップスポーツ(株)は、日本での販売総代理店契約(ウエアを除く)をしているバボラVS社の、高い強度と耐久性がありながら驚異的な軽量化に成功した「スピード性重視」のテニスシューズの新色「JET オールコート M GBY(グレーブルーイエロー)」(メンズ)と、従来モデルのラストを改良し、人気のラケット「ピュア アエロ」のブラック×イエローカラーを採用した「サポート性重視」のテニスシューズ「プロパルス オールコート M アエロ」(メンズ)を、7月21日から数量限定で新発売します。メーカー希望小売価格は、「JET オールコート M GBY」が15,500円+税、「プロパルス オールコート M アエロ」が13,900円+税です。

バボラVS社は、競技者モデルのシューズは「スピート性重視」と「サポート性重視」の2タイプあり、プレースタイルやニーズにより求められるものが違うため、2タイプの商品が必要であると考えています。今後も「機敏性/スピード性」「耐久性/サポート性」の2軸で商品開発をしていきます。

以上

2016.6 〜グランドスラム初制覇〜 「全仏オープン」でバボラ契約選手が2冠

ダンロップスポーツ(株)が、(株)ダンロップスポーツマーケティングを通じて販売しているバボラのテニスラケット「ピュア ドライブ」を使用しているガルビネ・ムグルザ選手(スペイン)が、5月16日から6月4日まで行われていた「全仏オープン」(フランス:パリ)の女子シングルスで初優勝を飾りました。また、女子ダブルスでは、「ピュア アエロ プレイ」を使用しているキャロリン・ガルシア選手(フランス)が優勝しました。いずれもグランドスラム初制覇です。

ムグルザ選手は、決勝戦でWTAランキング1位のセレーナ・ウィリアムス選手(アメリカ)を7-5、6-4のストレートで下し、初優勝を勝ち取りました。2人は昨年の「ウィンブルドン」(イギリス:ロンドン)決勝戦でも対戦しており、今回は通算2度目となるグランドスラム決勝の舞台でした。今回の優勝により、WTAランキングは2位となり、今後の活躍が期待されます。
ガルシア選手は、女子ダブルスでクリスティーナ・ムラデノビッチ選手(フランス)と組み、第5シードで出場。第7シードのエカテリーナ・マカロワ/エレナ・ベスニナ(ともにロシア)組を6-3、2-6、6-4で下して地元優勝を果たしました。

以上

2016.6 〜「全仏オープン」をフランスの地元企業が支える〜 バボラVS社が「ローラン・ギャロス」と2019年までパートナーシップ契約を継続

ダンロップスポーツ(株)が日本での販売総代理店契約(ウエアを除く)をしているバボラVS社は、フランスの「ローラン・ギャロス」と2019年までパートナーシップ契約を継続します。

バボラVS社は、これまで同様ラケット・ボール・ストリングス・バッグ・アクセサリーにおける「ローラン・ギャロス」とのコラボ商品を発売していきます。また「全仏オープン」期間中は、約6万球のボールを大会へ提供、会場内でのバボラ用品の販売やプレーヤーへのストリングサービスを行います。

※「ローラン・ギャロス」とは、毎年フランスで行われるテニスの四大大会の1つで「全仏オープン」とも呼ばれています。もともとは、世界で初めて地中海横断飛行に成功したフランスの飛行家の名前ですが、彼の功績を讃えてローラン・ギャロス・トーナメントと呼ばれるテニスの四大大会の一つである全仏オープンと、その会場となる「スタッド・ローラン・ギャロス」に彼の名前が使われています。

伝統的な専門知識とプレミアムな商品やサービスのミックスは、フランスを代表する2つのブランド(「バボラ」と「ローランギャロス」)の国際的イメージを向上します。
バボラVS社の社長であるエリック・バボラ氏は「私たちはフランステニス連盟とコート上での経験を高めるための協力を継続でき、大変うれしく思います。私たちは、テニスに対する競技や革新のための同じ情熱を共有しています。バボラVS社にとって「ローラン・ギャロス」とパートナーシップ契約を継続することは、絶好の機会です。」と言及しています。
また、フランステニス連盟の会長であるジャン・ガシャサン氏は、「私たちは、バボラVS社とのパートナーシップ契約を継続できてうれしく思います。この協力関係は、「ローラン・ギャロス」の商品範囲を広げ(通信機能搭載ラケット「バボラ プレイ」のような商品)、バボラによって展開される革新から利益を得ることを可能にします。「全仏オープン」期間中は、プレミアムなストリングサービスを提供していただき、バボラの専門知識に頼ることができて大変うれしく思います。」と喜びを語っています。

■バボラVS社の「ローラン・ギャロス」での実績
バボラVS社は2011年に「ローラン・ギャロス」とパートナーシップ契約を締結し今年で6年目を迎えます。毎年、ラケットやバッグなどのコラボ商品「ローランギャロス・ライン」を数量限定で発売し、大会使用球「フレンチオープン オールコート×4」(プレッシャーライズドテニスボール)を提供しています。また、世界各国から優秀なストリンガーを集め、大会期間中はストリングサービスを実施しています。

以上

2016.3 〜グランドスラムとコラボした数量限定商品〜 バボラ「フレンチオープン・ライン」と「ウィンブルドン・ライン」を新発売

ダンロップスポーツ(株)は、日本での販売総代理店契約(ウエア除く)をしているバボラVS社が「ローランギャロス(全仏オープン)※1」とコラボレーションした「フレンチオ−プン・ライン」と「ウィンブルドン」とコラボレーションした「ウィンブルドン・ライン」の2016年モデルを4月25日より数量限定で新発売します。

「フレンチオープン・ライン」は、クレーコートの赤土色を基調に、新たにネイビーカラーを取り入れたイメージの商品を展開していきます。昨年8月に発売以降好評※2の「ピュア アエロ」の数量限定商品「ピュア アエロ フレンチオープン」をはじめ、各種バッグや小物を発売します※3

「ウィンブルドン・ライン」は、グラスコートのグリーンを基調にラインアップをリニューアルしました。2015年年間ベストセラー※4の「ピュア ドライブ」のウィンブルドンカラーバージョン「ピュア ドライブ ウィンブルドン」や、ラケットホルダー、バックパックを展開します。

※1 : バボラVS社とローランギャロスは2011年1月に2011年から5年間のサプライヤー契約を締結しました。
※2 : 2015年8月〜12月までマークダウン品を除き、各月ベストセラーモデル1位(販売数量)を記録しています。出典: (株)矢野経済研究所「YPSテニスデータ;2015年8月、9月、10月、11月、12月期テニスラケットモデル別販売数量ベース」、旧モデル(ディスカウント品)を除く 2016年1月現在
※3 : 「ルーニーダンプ フレンチオープン×2」以外が数量限定商品です。
※4 : 2015年バボラ「ピュア ドライブ」がベストセラーモデルとして年間No.1(販売数量)を獲得しています。出典:(株)矢野経済研究所「YPSテニスデータ;2015年テニスラケットモデル別販売数量ベース」 2016年1月現在




以上

2016.3 〜初中級者向けステップアップラケット〜 バボラテニスラケット「ドライブ」シリーズ3機種を新発売

ダンロップスポーツ(株)は、初心者や競技入門者、ジュニア、一般中級者まで幅広く使えるバボラVS社のテニスラケット「ドライブ」シリーズ3機種を、3月22日から新発売します。

今回「ドライブ」シリーズは、コスメティックを新調し、あらたに「ドライブ チーム」をラインアップに加え展開していきます。この春テニスを始める方や、入学して部活動を始める中高生、競技者クラスに属するジュニア等に適した初中級向けラケットです。メーカー希望小売価格は、「ドライブ チーム」が29,000円+税、「ドライブ ライト」が28,000円+税です。

以上

2016.2 〜軽さと速さを限界まで追求したテニスシューズ〜 バボラ「JETジェット」シリーズを新発売

ダンロップスポーツ(株)は、日本での販売総代理店契約(ウエアを除く)をしているバボラVS社の、高い強度と耐久性がありながら驚異的な軽量化に成功したテニスシューズ「JET(ジェット)」シリーズ3機種(メンズ2型、レディス1型)を3月16日より新発売します。メーカー希望小売価格は、全機種15,500円+税です。

今日、テニスで試合に勝つためには“スピード”が重要であり、シューズの軽量化は必要不可欠です。今回「JET」シリーズには、高機能織物のエキスパートであるチャマテックス社(Chamatex、本社:フランス)とのコラボレーションにより実現した特許技術「マトリックス・アッパー」を応用しました。アッパー部分に高い強度と耐久性を発揮するケブラー®とポリアミド繊維を正確に編み込み、ワンピース化することで、驚異的な軽量化を実現(27.0cm片足平均重量325g)。軽さとスピードを限界まで追求し、プレーヤーが、履いているのを忘れてしまうような感覚の、機敏性と安定性に優れた、履き心地の良いシューズが誕生しました。

バボラ社の社長エリック・バボラ氏は、「我々テニスの起源であるストリングの発明後、最近では通信機能搭載ラケットを発売し、プレーヤーが相手より速く動けて、試合に革新をもたらすシューズを発売できることを誇りに思います。」とコメントしています。




以上

2016.1 〜アスリートのためのテニスシューズ〜 バボラ「プロパルス」シリーズのデザインを一新

ダンロップスポーツ(株)は、日本での販売総代理店契約(ウエアを除く)をしているバボラVS社のサポート性とフィット性を追求したスリムなテニスシューズ「プロパルス」シリーズを1月28日より新発売します。メーカー希望小売価格は、13,900円+税です。

以上

2016.1 〜安定性とクッション性を求める幅広テニスシューズ〜 バボラ「SFX 2」シリーズエスエフエックス ツーを新発売

ダンロップスポーツ(株)は、バボラVS社の、安定性と快適性を求めるプレーヤー向け幅広テニスシューズ「SFX 2」シリーズ2機種を1月28日より新発売します。メーカー希望小売価格は2機種とも12,900円+税です。
※「SFX」とは、「The Superior Fit Xperience(Experienceの造語)」の略。




以上

2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年 | 2009年
2008年 | 2007年 | 2006年 | 2005年 | 2004年 | 2003年 | 2002年